【2020最新】フィリピンのおススメ観光スポット10選

みなさん、こんにちは。

フィリピンの魅力発信ユーチューバーのゆうた(@e_yuuu_)です。

フィリピンには海のリゾート地だけじゃなく、大自然あふれる絶景スポットや歴史的な建物がたくさんあるって知ってましたか?

フィリピンは約7,000もの島々で構成されている自然豊かな常夏の国で、特にビーチリゾートとしては世界的に有名なので、各国からバカンスで訪れる方や英語の語学留学先としても大人気です。

ですので、フィリピン旅行と言えばセブ島などのリゾート地を思い浮かべる方がほとんどかもしれませんが、実はフィリピンにはリゾート地だけでなく絶景スポットや歴史的建造物も多い国という一面もあり数多くの観光地を有しています。

この記事では、そんな数多くの観光地を有しているフィリピンの中でも、特にフィリピン旅行で絶対に訪れたいおススメ観光スポット10選をお伝えします。

フィリピンのおススメ観光スポット10選

 

フィリピンはスペインの統治時代であった歴史があり、その影響を強く受けた建物が多くあります。

特に教会は、東南アジア唯一のカトリック国らしい立派な教会が多く建っています。

海以外の大自然もフィリピンの素晴らしい観光地の一つです。

都会から少し離れると、そこには壮大な大自然に出会うことができますよ。

ここではそんな魅力あふれるフィリピンの観光地について、マニラやセブを中心に絶対に行きたい最新の観光地10選をご紹介します。

 

マニラ大聖堂(Manila Cathedral)

 

マニラ大聖堂はマニラのインストラムロス内にあるカトリック教会の大聖堂です。

最初の建造は1851年にされましたが、天災や戦争などで何度も再建されてきました。

中にはアジア最大級と言われるパイプオルガンが設置され、美しいステンドグラスや彫刻を見学することが可能です。

 

サンチャゴ要塞(Fort Santiago)

サンチャゴ要塞はマニラのインストラムロスの北西の端にあります。

この要塞はスペインの統治時代から第二次世界大戦まで軍事上の戦略施設であったと言われております。

旧日本軍が占領した際にも使用されており、その建物の性質上、悲しい歴史が残っている建造物です。

実際に使われていた地下牢などが見学可能ですので、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

サン・アングスチン教会(San Agustin Church)

サン・アングスチン教会は世界遺産に登録されている、フィリピン最古のバロック様式の石造教会です。

1571年に建設されたこの教会は、スペインの統治下で建造されたもので、要塞の機能も持ち合わせていると言われています。

外観からの迫力と、内部にあるステンドグラスの窓や壁画はマニラ観光には外せないスポットの1つと言えます。

 

マカティ(Makati)

マカティは、メトロ・マニラと呼ばれるフィリピンの首都圏に属する都市で、数多くの企業が集まり、高層ビルが立ち並んでいるビジネスの街です。

また高級住宅街としても知られ、周辺には高級ホテルやショッピングモールが並び、旅行客や富裕層から人気のエリアです。

マカティにはリトルトウキョウと呼ばれる日本料理店が10~20店舗ほど集まるレストラン街がりますので、旅の途中で恋しくなった日本食やフィリピンで食べる日本食を堪能することができます。

 

ヒドゥンバレー・スプリング(Hidden Valley Springs)

ヒドゥンバレー・スプリングはラグナ州アラミノスにある天然の温泉プールリゾートです。

大自然に囲まれたこのリゾートでは、水着を着用して3種類の天然水プールで遊ぶことができます。

マニラから車に乗り約1時間半で行くことができますので、日帰りで遊びに行くことができます。

日頃の疲れやストレスをリフレッシュしに行ってみてはいかがでしょうか。

 

タール湖(Taal Lake)

 

タール湖はマニラのあるルソン島にあるタール火山のカルデラ湖です。

世界最小の活火山と言われるタール火山を見ることができ、またタール火山に登ることもできます。

タール湖に隣接するタガイタイは避暑地としても有名で、周辺にはゴルフ場や乗馬クラブなどのアクティビティも整備されています。

マニラから車に乗り約1時間半なので、日帰りすることも可能です。

 

オスロブ(Oslob)

 

オスロブはセブ島南部にある町で、ここでは野生のジンベイザメと一緒に泳ぐことができます。

地元の漁師たちによって餌付けされているこのジンベイザメ達に会える可能性はほぼ100%で、一緒に泳いで記念撮影ができます。

セブから車に乗り約3時間、少し距離はありますが、日帰りツアーがありますのでセブに訪れたら是非行っていただきたいスポットです。

ちなみに私の経験ですが、車酔い、船酔いが心配な方は必ず酔止めの薬を持って行くことをおススメします。

 

ボホール島(Bohol Island)

 

ボホール島は、セブ島からフェリーで行くことのできるビサヤ諸島にある島です。

この島はチョコレート・ヒルズと呼ばれる不思議な山が有名で、セブと同様、観光客で賑わっています。

また、ここにはターシャと呼ばれる世界最小のフィリピンメガネザルとも会うことができ、大自然に触れることができます。

 

マクタン島(Mactan Island)

 

マクタン島はセブ本島の東海岸にある島で、マクタン・セブ空港がありセブへの玄関口となっています。

セブ屈指のリゾート地であり、白い砂浜のプライベートビーチを持つリゾートホテルが立ち並んでいます。

セブ市内へは2本の橋でつながっていて、世界から多くの観光客が訪れています。

また、ここはマゼラン最後の地としても有名で、島にはマゼラン記念碑があります。

ビーチでのんびり過ごすためには、リゾートホテルの予約が必要になります。

 

ボラカイ(Boracay)

 

ボラカイ島はビサヤ諸島に属する島で、世界ベストビーチにも選ばれたことのある楽園の島として有名です。

島には空港がないので、近隣の島から船で向かうことになります。

最近では観光客が増えすぎて、ホテルなどからの排水で環境汚染がすすんでしまい観光客の立ち入りを禁止しています。

環境対策がすすめば、また観光地として賑わいを取り戻すはずです。

 

フィリピンのおススメ観光スポットまとめ

 

いかがでしたか?

セブやボラカイなどのビーチリゾートは有名ですが、フィリピンには歴史的建造物や海だけではない大自然があります。

さらにこの10選以外にも、まだまだあまり知られていないおススメの観光スポットが他にもたくさんあります。

フィリピンを訪れる際には、是非いろいろな観光スポットにお立ち寄り下さい。

これからもフィリピンの情報をたくさん発信していきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA