フィリピン料理のシシグとは?美味しいの?そんな疑問にお答えします

みなさん、こんにちは。

フィリピンの魅力発信ユーチューバーのゆうた(@e_yuuu_)です。

HIKARIちゃん

フィリピン料理のシシグって美味しいの?

ゆうた

シシグはご飯のおかずとしても、お酒のおつまみとしても最高の絶品フィリピン料理の1つだよ!

初めてフィリピンを訪れる方にとって、フィリピン料理が自分に合うか合わないかってとても不安ですよね?

この記事ではフィリピン料理のシシグという料理についてお伝えします。

僕も初めてフィリピンを訪れた時は、フィリピン料理のことが全然わからず、シシグと言われてもイメージすらできずに困った経験があります。

この記事を読めば、フィリピン料理のシシグがどんな料理なのかを知ることができますよ(^^)

フィリピン料理のシシグとは?

シシグは玉ねぎ、にんにく、ビネガー、醤油、唐辛子と肉を鉄板で炒めた定番の有名なフィリピン料理です。

一般的に豚肉のほほ肉、ミミ、レバーを使うポークシシグ(porksisig)が多いですが、鶏肉や牛肉を使ったシシグや魚を使ったシシグもあります。

家庭料理として食べられることはもちろん、フィリピン料理のレストランにも間違いなく売られている超定番料理です。

レストランのメニューなどでは「sizzling sisig」と表記されています。

このsizzlingとは鉄板という意味で、熱々の鉄板の上にシシグが盛り付けされた状態で提供してくれます。

店などによって多少の違いはあるかもしれませんが、料理の上には生卵が乗っていて、それを熱々の鉄板の上でかき混ぜて食べます。

また、料理の横にはカラマンシーというフィリピンでは定番の柑橘系のフルーツが添えられていますので、食べる前にひと絞りしましょう。

脂が多めの料理なのでご飯にも合いますし、ビールなどのお酒のつまみにもぴったりなんですよ(^^)

動画の中でご飯と一緒に食べる方法を紹介しています!

シシグの由来は?いつからあるの?

シシグはフィリピンのルソン島中央にあるパンパンガ州が発祥と言われており、その歴史は300年ほどあるそうです。

実際にパンパンガ州では毎年シシグフェスティバルというイベントが開催されています。

シシグはもともと豚の頭部にある余った肉(ほほ肉や耳など)や内臓を使って作られた料理が由来となっているそうです。

フィリピン料理のシシグまとめ

いかがでしたか?

フィリピン料理のシシグはご飯によし、酒によしのとても美味しい料理です(^^)

HIKARIちゃん

私もフィリピンに行ったらこのシシグにチャレンジしてみよ~

みなさんも是非、シシグにチャレンジしてみてください!

これからもフィリピンの情報をたくさん発信していきます(^_^)v

シシグの他にも僕がおススメするフィリピン料理は「【2020最新】フィリピンで絶対食べたい有名フィリピン料理10選」の記事にまとめています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA