【2020最新】フィリピンで絶対に食べたいおススメなフルーツ7選

みなさん、こんにちは。

フィリピンの魅力発信ユーチューバーのゆうた(@e_yuuu_)です。

フィリピンを訪れたなら絶対に食べたいめちゃくちゃ美味しいフルーツがたくさんあるって知ってましたか?

フィリピンには南国特有のフルーツフルーツからあまり知られていないローカルなフルーツまで、フィリピンにはとても美味しいフルーツが格安で手に入れることができるのです。

この記事ではフィリピンを訪れたみなさんに、絶対に食べてもらいたいおススメなフルーツ7選をお届けいたします。

 

フィリピンのおススメなフルーツ7選

 

フィリピンには南国特有のフルーツがたくさんあります。

テレビのお馴染みのフルーツの王様と言われるドリアンやフィリピンと言ったらバナナ、など有名なフルーツだけでなくあまり知られていないローカルなフルーツもとっても美味しいです。

更に物価が安いフィリピンは、フルーツも格安で食べることができますよ。

物価については、「日本とフィリピンの物価の違いがどれくらいあるのか食品で説明します」でまとめています。

 

フィリピンのおススメフルーツ①マンゴスチン(Mangosteen)

マンゴスチン

 

マンゴスチンというフルーツを知っていますか?

ドリアンがフルーツの王様と言われるのは有名ですが、実はこのマンゴスチンはフルーツの女王と呼ばれています。

固い皮の中に芳醇な白い果肉が入っています。見た目はニンニクに似ていますが、味は甘味と酸味が絶妙にマッチしていてとってもジューシー。

大袈裟かもしれませんが、僕の中の好きなフルーツランキングのトップになったフルーツです。

固い皮は、手で向くこともできますがナイフを使って剥いたほうが綺麗に剥くことができます。

皮には赤色の色素が含まれているので、服に着かないように注意してください。

ちなみにこの皮には抗がん作用があるとされていて、マンゴスチンティーとしても売られています。

日本にはタイ産のものしか流通しておらず、また高価ですので、是非フィリピンに行った際には食べてみてください。

マンゴスチンについては「マンゴスチンの食べ方は?味はどうなの?そんな疑問を解決します」の記事で更に詳しく解説しています。

マンゴスチンの食べ方はこちらを参考にして下さい!

 

 

フィリピンのおススメフルーツ②マンゴー(Mango)

マンゴー

みなさんご存知のマンゴーですが、ここフィリピンにはたくさんの種類のマンゴーがあります。

スーパーやマーケットなどで気軽にそして安価に買うことができますので、いろいろな種類のマンゴーに挑戦してください。

ここフィリピンではグリーンマンゴーと言われる酸味の強い完熟前のマンゴーにバグオンと呼ばれるエビの塩辛をつけて食べる習慣があります。

フルーツのイメージとは違い、独特なテイストですがこちらもフィリピンならではの食べ方ですのでチャレンジをしてみてはいかがでしょうか。

 

フィリピンのおススメフルーツ③ドリアン(Dorian)

ドリアン

 

言わずと知れたフルーツの王様です。

私もこのフィリピンで初めて食べました。

皮は物凄く固いので、ナイフを使って切らないといけません。

正直、テレビで言うほどきつい匂いではありませんでしたが、独特の匂いは発していました。

味は表現が難しいのですが、食感はねっとりとして、濃厚な甘さでした。

しかし、この日食べなかった別のドリアンは2日ほどで強烈な匂いを発し始め、私は匂いのせいで食べることができませんでした。

あとから調べてみると、新鮮なドリアンはそこまで匂いを発しないそうです。

チャレンジをするなら新鮮なドリアンをフィリピンで食してみたらいかがでしょうか?

ちなみにスーパーでカットされたドリアンはかなりの高確率で早い段階で匂いを発しますのでご注意を。

ドリアンにチャレンジした動画はこちらから

 

フィリピンのおススメフルーツ④バナナ(Banana)

バナナ

 

バナナと言えばフィリピン産、というイメージの方も多いのではないでしょうか。

本場フィリピンでもバナナは人気のフルーツの1つです。

しかしこちらもマンゴー同様、たくさんの種類のバナナがあります。

フルーツとしてだけでなく、料理の一部に使われていたり、料理を載せるのにバナナの葉を使ったりといろいろな場面で使われていますので、バナナの新たな一面を発見できるかもしれません。

 

フィリピンのおススメフルーツ⑤ランブータン(Rambutan)

ランブータン

 

見た目はちょっと変ですが、このランブータンもここフィリピンで食べることができる南国フルーツです。

皮は柔らかいので、手で向くと中からライチのような果実がでてきます。味もライチに似ていて、甘すぎないので気づいたらたくさんたべてしまうかもしれません。

日本ではなかなか見ることのできないフルーツですので、フィリピンで食べてみてください。

ランブータンの取り方はこちら

フィリピンのおススメフルーツ⑥マラン(Marang)

マラン

 

マランはフィリピンでもミンダナオ地方で食べることのできる珍しいフルーツです。

頻繁に流通する時期も8月から12月までと短く、日持ちもあまりしないのでマニラで見かけることはあまりありません。

外側はドリアン程ではありませんが、独特の異臭を発しています。

しかし果実は濃厚でとっても甘いです。

もし、食べるチャンスがあればフィリピンにいてもあまり食べる機会が少ないフルーツですので、食べてみてください。

マランの食べ方はこちらの動画をご覧ください

フィリピンのおススメフルーツ⑦ランソネス(Lanzones)

ランソニス

 

このランソネスもフィリピンで食べることができる南国フルーツです。

ブドウのような見た目ですが、中身はライチのような食感で味はグレープフルーツを甘くしたような味です。

中身の白い筋は渋みがありますので、取り除いて食べることをおススメします。

シーズンは8月から12月くらいまでですが、シーズン中はスーパーやローカルマーケットなどいろんなところで見かけることができます。

フィリピンにある「カミギン島」は美味しいランソネスの産地として有名です(^^)

フィリピンのおススメなフルーツまとめ

いかがでしたか?

今回は7選ですが、フィリピンにはまだまだたくさんのフルーツがあります。

これからも美味しいフィリピンのフルーツを発信していきたいと思います。

最後に全体的な注意ですが、フルーツの甘さに引き寄せられたアリが付着していることが多々あります。

購入後は、一度水洗いをおススメします。

これからもフィリピンの情報をたくさん発信していきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA